読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泥のような

菩薩と子供のはなし

またこの夜

優しい貴方はそんなこと望まないだろうが、わたしは地獄に落ちてもいいから(というか行い的に多分地獄でしょう、そのままでいいです)、この人の生きる環境を何とかよくしてくれ、と思う。それぐらい腹立ってるし、何もできひん自分にも腹立つ。この人が健康に心穏やかに楽しく生きられますように、あわよくばわたしを隣に置いてくれたら、って思ってるだけやのに、これは高望みなんかなぁ。